ホーム 特別・希少・楽しい茶 『本当に良い香りのほうじ茶』を作る茎茶
『本当に良い香りのほうじ茶』を作る茎茶
本当に香りのよいほうじ茶を、一度召し上がってもらいたい。
でも、炒ってしまえば、あとは酸化するばかり。



だからこそ、お茶うけ屋の焙烙に合わせた
オリジナルのほうじ茶専用茶をご用意しました。

1 味の濃い一番茶の芽だけを使用
2 カフェインが少ない茎茶を使用
3 炒りやすいサイズに茶葉のカットを行う

香りの風船を、あなたの焙烙でも膨らませてみてください。

お茶うけ屋のおすすめするほうじ茶は、
『味はライトで香り重視タイプ』

夜飲んでも安心できて、香りで癒される
甘くて軽いほうじ茶が作れます。

70g入り

≪より詳しい、お茶うけ屋のほうじ茶専用茎茶のご紹介≫

70gは、小ざる一杯分程度の量ですが、
ほうろくで炒りますと、2倍〜2.5倍に膨らみます。



ぷくっぷくっとふくらむ様は、
まるでポップコーンのようで、炒っているもの楽しいのです♪

より近づいて、炒りあがった茎茶を見てみましょう。



緑色でぺったんこだった茎茶が、ぷっくりと膨らんでいるのが分かります。
これが、柔らかい茎だけを使った証拠です。

私たちが、自信を持ってこの茎茶をおすすめする理由は、さらにここからです。

指で潰れるほどに柔らかい、ほうじ茶が出来上がります。
サクサクッと、食べちゃえます♪

こういう茎には、香りの成分がたっぷり!
そして、甘みもあるんですよ。

色は濁らず透明感があるので、そのままはもちろんのこと、
ハーブとブレンドしても、ほんわか&クリアな味を楽しめます。



ほうろく一回分の茎茶の分量は、だいたいカレースプーン1杯程度が炒りやすいです。

とにかく、とにかく。
この『本当に香りの良いほうじ茶』の香りを、あなたにもお届けできればなぁと思っております。


『本当に良い香りのほうじ茶』を作る茎茶
販売価格

700円(税込)

購入数